• HOME
  • 期待できることなど
  • スタジオについて
  • レッスン
  • 教師養成講座
  • 生徒さんのコメント
  • よくある質問
  • 情報
  • What is the Alexander Technique?
  • Lesson/ Fumie Hosoi

教師養成講座

・ ATST教師養成講座 ・ 概要 ・ 期間 ・ 時間
・ 授業料 ・ 定員 ・ 目的 ・ 授業内容
・ 取得できる資格 ・ 受講資格 ・ ATSTに協賛いただいた方々 ・ 講師プロフィール
イギリスの教師養成学校

アレクサンダーテクニークスタジオ東京 教師養成講座

イギリス国内の学校と同じ資格審査をSTATから受け、運営する学校です。
日本にいながらイギリスと同じレベル、同じクオリティの教育を受けることができ、卒業審査に合格すれば、イギリスで受けたのと同様にSTAT認定が受けられます。

2019年4月入学は締め切りました。次回は2019年9月に若干名新入学生募集します

詳細はお問い合わせください。

メールで問合わせ

概要

校長 細井史江
メインアシスタント 大塚由美
モデレーター (監査官) ドロシア・マゴネット (元STAT会長 王立音楽院教師)

*モデレーターは3年間に2回、学習状態のチェックとアドヴァイスにやって来ます。(原則6または5,7学期と最終学期)
STAT公認を受けるためには最終審査に合格する必要があります。

期間

3年間(9学期 1600時間以上) 11週/学期 3学期/年 +集中特別講座
*年に1~2回、集中特別講座/合宿を予定しています。

2018年 学期予定

冬学期  1月16日~4月6日   (2月24日〜3月5日)

春夏学期 4月24日〜7月20日 (6月11日〜6月18日)

* GW休暇 4月28日〜5月7日

合宿   6月7日〜10日

秋学期  9月25日〜12月14日 (11月3日〜12日)

2019年 学期予定

冬学期  1月15日~4月5日   (2月23日〜3月4日)

春夏学期 4月23日〜7月19日 (6月10日〜6月17日)

* GW休暇 4月27日〜5月6日

合宿   6月7日〜9日

秋学期  9月24日〜12月13日 (11月2日〜11日)

 

 

*日程は現時点の予定です。変更する可能性もあります。

時間

毎週火曜~金曜 9:00~13:00

授業料

32万円/学期(消費税別・毎学期開講前にお納めください)金額は2013年春学期分です。諸般の事情により変動することもあります。

また、合宿の場合、宿泊、交通費など別途必要な経費が生じます。

定員

STAT認定の学校は、定員についても厳格な基準が定められており、これを超える数の生徒さんを受け入れることはありません。
定員に達した学期は新たに生徒さんを募集いたしませんので、ご了解ください。
詳細はお問合わせください。

目的

アレクサンダーテクニーク教師として仕事をするのに必要な専門的知識、スキルを身につけ、専門家として社会に貢献できる人材を育成することを目的とします。

授業内容

総授業時間の80%以上は「ハンズオンワーク」(手を使って教える実践的なワーク)の習得にあてます。
その他、身体構造に関する学習(アナトミー、ボディマッピングなど)、アレクサンダーテクニークを使ったムーヴメント、アクティヴィティ、書籍研究などを行います。研修期間中、複数のレポートの提出が求められます。

取得できる資格

全課程を修了し、モデレーターの最終試験に合格すると、STAT (The Society of Teachers of the Alexander Technique)の認定が受けられます。この資格は国際的に高い信頼を受けており、海外の主要な公的機関の教師の大多数はSTATおよびその提携協会の認証を受けた教師です。

*モデレーター審査を受けるためには、1学期のはじめにSTATの学生メンバーに登録する必要があります。

STATについては「STAT」をご覧ください。

受講資格

AT教師になりたいという意思と勉学に対する熱意があれば、資格は問いません。
ただし、事前に1対1レッスンの経験が30レッスン以上あることが望ましいです。受講者にとって、スムーズに学習をすすめるためには、3年間のフルタイムの学校に入学する前に、ATがどういうものであり、何を学ぶかについての理解が必要だからです。ご希望の方は、アレクサンダーテクニークスタジオ東京宛にご連絡ください。事前に校長のレッスンと面談を受けて頂いた上で、決めさせて頂きます。その後、校長もしくはアシスタントからの個人レッスンを必要回数受けて頂くこともあります。

ATST は以下の方々の協賛を受けています

スーザン・ローリー ナショナルシアター ロイヤルシェイクスピアカンパニー

ポール・ムーア 王立音楽院(RAM)アレクサンダーテクニーク主任

ハワード・サイクス 王立演劇学院(RADA)

アンソニー・キングスレー Alexander Teacher Training School(ATTS) 校長

イラーナ・マコヴァ Alexander Technique School, Queen’s Park 校長

各先生方から寄せられたお言葉はお名前をクリックしてご覧下さい。

講師プロフィール

 

大塚由美
大塚由美 (メインアシスタント)

武蔵野音楽大学卒業。2000年渡独、カッセル市音楽院フルート課程修了。在学中、楽器が演奏できなくなったことから、アレクサンダーテクニークに出会う。個人の更なる可能性を引き出してくれるアレクサンダーテクニークに感銘を受け、アランカ&ミヒャエル・フォルトヴェングラー氏のもとでトレーニングを受け、 2007年ATVD(ドイツ 旧GLAT)認定教師になる。

稲田 祥宏

 

奥村 尚代

 

西田 紀香

  • HOME
  • 期待できることなど
  • スタジオについて(ATST)
  • レッスン
  • 教師養成講座
  • 生徒さんのコメント
  • よくある質問
  • 情報
  • What is the Alexander Technique?
  • Lesson/ Fumie Hosoi
ATSTからのお知らせ、生徒さんからのコメントなど

2019.4.30

2019年 春夏学期開講 マーク先生来日!
「平成最後の」という枕詞がかしましい昨今ですが、それに倣っていえば、「平成最後の新入生」を迎えて、新学期がスタートしまし

2019.4.9

2019年1月学期卒業式
先週の金曜日は、学校の卒業式でした。大学卒業後ほぼすぐの入学だったので、これまでの卒業生の中では最年少の先生の誕生、です

2019.3.17

夜間 表現クラス 3月14日 
今回は「動き」「身体の可能性」を考えてみました。 繊細な動きからはじめて大きな動きへ、方向付けをしながら行っていき

2019.3.16

2019年8月 表現とアレクサンダー チラシ掲載  更新!
早割の期限は6月20日までに申込み、振込完了です! 今年もかなっくホールさんと共催で「表現とアレクサンダーテクニー

2019.3.12

2019年8月 「表現とアレクサンダーテクニーク」申し込みフォーム
今年もかなっくホール共催で「表現とアレクサンダーテクニーク」のワークショップ申込書です。 詳細は以下のページ、ご覧

2019.3.2

夜間 2月27日 
今回は頭ー首ー背中のいい関係と、四肢の動きを考えました。 全身を使ったなめらかな、大きな、繊細な動きができれば。楽

2019.3.2

ドロシア先生 モデレーション
モデレーションのためにドロシア先生がいらしてくださいました。3日間みっちりと1人1人に付き合い、今後の課題などについて一

2019.2.18

2月14日 夜間クラス
ヴァレンタインでした。(だから何?ですけど) いつものように動きながらのダイレクション(方向づけ)をしてから、「息

2019.2.3

1月30日 夜間クラス
今回は空間の認識と動きについて考えてみたいと思いました。動きには様々な要素があります。 身体の可動性、空間認識、リ

2019.1.21

2019年 初回 夜間クラス
2019年も楽しく夜間クラスがスタートしました。 常連のみなさんに加え、初めての方も。しかし初めてとは思えない楽し

記事一覧はこちら

アレクサンダーテクニークスタジオ東京は、東京都目黒区にあります。 楽器演奏やバレエ、ダンスなどあらゆるジャンルのパフォーマンスを引き出すことができます。 また、だるさ、疲れ、肩こり、腰痛など慢性的な悩みや痛み、ストレスや本番時の緊張に対しても、 アレクサンダーテクニークが問題を克服する手助けをすることができます。

アレクサンダーテクニークスタジオ東京|目黒区|教師資格|教師養成|姿勢|パフォーマンス|楽器演奏|発声

アレクサンダーテクニークスタジオ東京

メールにてレッスンの問合わせはこちら お電話は03-3718-6813まで

※ワークショップやその他のお知らせを定期的に受け取りたい方はメールにてご連絡下さい。

アクセス: 東急目黒線洗足駅(徒歩6分) / 東急大井町線 北千束駅(徒歩7分)、大岡山駅(徒歩10分) / 東急東横線 都立大学駅徒歩18分)

東京都目黒区 アレクサンダーテクニークスタジオ東京 Copyright © 2012 Alexander Technique Tokyo All Rights Reserved.