• HOME
  • 期待できることなど
  • スタジオについて
  • レッスン
  • 教師養成講座
  • 生徒さんのコメント
  • よくある質問
  • 情報
  • What is the Alexander Technique?
  • Lesson/ Fumie Hosoi

生徒さんのコメント


ワークショップの体験談

生徒さんのコメント協賛して下さっている先生からのコメントはこちら

体験談1(個人レッスン)
*ゆかり さん(教育 女性)
アレクサンダー・テクニークのレッスンを受けようと思ったのは、自分の声に磨きをかけたかったからだ。私は音楽の専門家ではないが、思い通りに歌えるようになりたい、というのが私の積年の望みだ。声楽のレッスンを受けたことはあるが、それで思うようには歌えるようにはならなかった。「体を楽器として調整すること」、それが最優先の課題だと頭ではわかっていても、「どうしたら調整できるようになれるのか」を教えてくれる人はいなかった。だから、アレクサンダー・テクニークのことを知ったとき、自分に必要なのはこれだ、とすぐにわかった。
細井先生のところに通うことを決めたのは、最初のレッスンの帰りに、自分の声が変ってたことがすぐにわかったからだ。その後、「立ったり、座ったり、寝転んだり」のレッスンを繰り返すうちに、徐々に自分の体つきや動作、そして声が変わっていっているのを実感している。
レッスンに通っていて、自分なりに理解したことは、アレクサンダー・テクニークは自動車の教習のようなものだということ。自分で自分の体の不調を整える術を身に付けさせてくれる。それに対し、整体やマッサージなどはタクシーやバス、だろうか。一時的に不調を解決してくれるが、自分の体を調整する術は学べない。
「立つ、座る」という動作が、単に「立つため、座るため」にやっていることではないことに気付くには、それなりに時間がかかった。ある段階から、レッスン中の動作に「心の葛藤」のようなものが伴うのだが、そこで足踏みしたり、引き下がってみたり、勇気をもって一歩進んでみたり、という繰り返しを経て、少しずつ変化していくようだ。
「心の葛藤」とは、これまで慣れ親しんできた体の使い方というのは、不自由で苦痛に満ちていたとしても、愛着を感じているので、それを手放すことに対して感じるもののようだ。しかし、一旦手放してしまうと「なんで今まであんな無駄な力を使って自分で自分を疲れさせていたのか」と思えるようになる。そして、もっと「燃費のいい自分の走らせかた」ができるようになる。
レッスン中の細井先生の視線はまるでX線のようで、わずかなゆがみも緊張も全てお見通しだ。そんなフィジカル面での指導の的確さに加え、お話やインストラクションが理路整然としているところがすばらしい。私は理屈っぽい上に疑り深い性質なのだが、そんな私から見ても、先生のお話にはいつも矛盾がない。
細井先生には、日本でのアレクサンダー・テクニークの知名度を高め、より多くの指導者を養成することによって、一人でも多くの方がアレクサンダー・テクニークの恩恵に授かれるよう、ますますご活躍していただきたいと思う。

体験談2(個人レッスン)
*船谷さん(ピアニスト 女性)
細井先生との出会いは、奈良であった音楽の講習会です。
最初は、アレキサンダーテクニックをすれば、ピアノを上手に弾けるようになるのかな思っていました。
今では、ピアノの演奏はもちろんのこと、起きてから寝るまでの時間にちょっとずつアレキサンダーテクニックを取り入れて生活をしています。

一番最初に細井先生レッスンを受けたときの感じは、今思い出しても不思議な感じです。
普段狭くなっている自分の視野が広がる感じがします。

アレキサンダーテクニックとの出会いは
自分のことを知るきっかけになりました。

ほんの少し違う方向から自分を見て、自分が少しずついい方向に向かえるように毎日を
大切に過ごそうと思います。

体験談3(個人レッスン)
*村瀬さん(主婦 元看護師 女性)
〇レッスンの感想
―体がすべてを語るー
日常の生活で起こった事を言葉で表現をしたわけではないのに、先生とのやり取りから「あ~、そうだな~」と気づく事が出来ました。
もちろんレッスンは体の事をやっているのですが、考え方や生き方を見ているように感じます。

〇ATの恩恵
大げさな言い方になりますが、病気の予防になるという実感です。
例えば、胃痛を感じた時に、LYING・WORKをやる事で軽減します。
頭痛も、首の使い方を少し意識するだけで軽減します。
いろいろな症状を放置していれば、病気の原因にもなるでしょう。

もちろん、自分でコントロールが出来るようになるには、レッスンを始めてすぐとは行かないのでしょう。
でも、確実に自分の手に入るという事は、長い目で見れば、有益な事だと思います。

先生との深いコミュニケーションが、通常では、なかなか経験出来ない事だと思います。
その事が、生きる上での他者との信頼・安心の体験になるように感じます。

体験談4(個人レッスン)
*Kさん(音楽家 30代男性)
私はとても疲れやすい体質でした。アレクサンダーテクニークはたとえば、イスに座ったり立ったりするワークや、テーブルワークというあお向けになって心身と向き合うワークを行います。とても簡単なワークには、実に多くのおどろきと発見がかくれていました。わたしは身につけている多くの習慣を発見しました。その習慣は、よかれと思いこんでやっていたり、気づかずにやっていることがほとんどでした。よかれと思ってやっている習慣が、心身をとても緊張させるものであると分かりおどろきました。史江先生のレッスンは、習慣を発見する手助けをしてくださります。そして、少しずつ習慣を手放してゆく手ほどきをしてくださいます。わたしは疲れやすい体質が少しずつ変わってゆき、今ではとても多くの時間をいきいきと生活できるようになりました。

体験談5(個人レッスン)
*Tさん(会社員 女性)
~アレクサンダーに通い始めたきっかけは10年ぶりにピアノを再開したときに指が動かなかった事です。当時の先生から「ずいぶん弾いてないからまずは練習あるのみ」と言われて練習しても動きやすくならないし、手の甲や手首が痛くなる始末。これはおかしいと思って見つけたのがアレクサンダーです。最初はよくわからなかったけと理論的に正しそうなので続けていました。そうするとだんだん指がや手が自由に使えるようになり、肩凝りが軽減し、無理せず身体を使ってる感覚の時もありました。最近さぼってたら腕を上げると痛み&肩凝りが出たので駆け込みました。矯正するわけではないので良くなるまで少し時間はかかりましたが、あの痛みと腕を回したときのゴリゴリ感がマッサージや整体などでとれたか疑問ですね。

体験談6(個人レッスン)
*Nさん(会社員 女性)
私は音楽好きなのですが、アレキサンダーテクニックは音楽をやる人も多く学んでいると知り、興味を持つようになりました。また内容を知るにつれ、特別な人のためだけのものではなく、日常生活でも活かせるものだと感じ、習ってみようと思いました。
細井先生はほんの少ししか体には触れていないのに、力が入ってしまっている部分や意識が向いている方向性までお見通しなので、毎回驚かされますが、その的確さゆえ、本当に信頼してレッスンを受けることができます。
お蔭様で自分でも、今までは分からなかった体の使い方の癖に気づく事ができるようになり、なんという偏った使い方をしていたのだろう、と実感することしきりです。
また、気持ちが急いて空回りしそうになるときも、アレキサンダーテクニックを学ぶようになってからは、ひと呼吸おいて自分を観察する余裕が生まれるようになりました(毎回ではありませんが…)。
単なるボディワークではない、心とからだのバランスが取れた人間になることのできる、素晴らしく奥の深いものだと確信しています。
まだまだ「三歩進んで二歩下がる」といった遅々とした歩みですが、ご指導の下、楽しみながら少しずつ向上していきたいと思っています。

体験談7(個人レッスン)
*Sさん(83歳 女性)
あら、こんな座り方、お行儀の悪い・・・あたくし、80年もこうやって座って参りましたのよ・・
(1ヶ月経ってから)
こんな風に座っても、よろしいんですわね。膝はそろえても、ぎゅっと固める必要はなかったんですわ。なにしろ、最近は背筋もしゃんとして、年寄りくさくなくなって来たんですもの。

体験談8(個人レッスン)
*Andrewさん(コントラバス奏者 男性)
ニューヨークで音楽家としてやって行くためには、常に最上級であることが求められる。コントラバスの演奏は身体的に負担のかかりやすいものだ。コントラバスは恐ろしく巨大な楽器なので、そんな楽器を高いレベルで何時間も毎日演奏することは、どうしても人間の体に不自然な体勢を強いることになってしまう。アレクサンダーテクニークは、演奏するのにできる限り無理なく楽なやり方で自分の体を使う助けになる。体が楽器におおいかぶさるような演奏法を防いでくれるので、動きやすく、広がりを私に与え、左手で音を作るのがとても簡単になった。演奏する私の背が高くなったので、ステージ上での存在感が増し、自分自身に自信を与えてくれた。ステージ上での余計な緊張がないと、いつでも自分の持てる十二分の能力が発揮できる。
 細井先生のレッスンで、彼女の出す指示は明瞭簡潔だ。けれど、決して力で強いることはない。彼女が私の姿勢に気づきを促すために手をつかうとき、決して私を筋力で押したり、引いたりすることはない。彼女の手のタッチは私の気づきを促し、導き、アレクサンダーの先生が何を教えてくれるものかを理解させてくれた。数回のレッスンのあと、私は歩く、椅子から立つー座るといった日常生活における課題が以前よりもずっと簡単になった。それはニューヨークの我が家に帰って、楽器の練習をした時にすぐさま、その違いに気づいた。ゆったりとした状態でコントラバスを弾くことだって可能なことだし、いらぬ心配に心を悩ますこともない。
 私は自分の背中と使い方を探求し、可能な限り効果的に使えるようになりたいので、アレクサンダーレッスンを継続しようと考えている。私が細井先生から受けたのはたった3回のレッスンにもかかわらず、アレクサンダーテクニークからとてもおおくの恩恵を受けた。もし、日本へ行くのがタクシーで街まで出かけるぐらい簡単だったら、絶対に細井先生にレッスンを続けてもらうのに。先生の言葉はまだ私の頭の中でいつも鳴り響いている。座るとき、練習をするとき、ご飯を食べるとき、何をする時にも、いつもいつも。「背中をもっと使って」「背中を信頼して」。細井先生、どうもありがとうございました。必要な時にいつでも自分の持てる100%の能力で演奏できるよう、正しい方向づけを促して下さいました。

原文はこちら

体験談9(個人レッスン)
*Suzanneさん(主婦 女性)
史江先生は毎回とても質の高いレッスンをして下さり、私はいつも自分が適切に導かれているのを感じます。毎回のレッスンで自分がよくなっていることを実感できるので、レッスンを続ける励みになります。
彼女の教え方はよどみなく、それでいてその瞬間瞬間に鋭く切り込みます。 彼女は私の使い方のどこに問題があるかすぐさま見抜き、そしてすぐにそれを修正してくれます。それによって、どうしたらより自由で考え深く、動いたり、椅子から立ったり座ったりできるか、私自身に簡単に思い起こさせてくれるのです。

原文はこちら

体験談1(ワークショップ)
*湯浅さん(ピアニスト 女性)
昨日はありがとうございました。

いちばんの発見、大きなことです。
わたしの体も楽器の一部なんだ!ということです。
私は長いことピアノを弾いていますが、自分が楽器とは思えていなかったんです。
ボーカリストは、わかりやすい。人が音を発音するので。ピアノを弾く私は、自分が楽器であることが意識できませんでした。
だから、昨日、2回目にピアノを鳴らしたとき、1回目の音ととても違う音が出たので、驚いたのと同時に、自分の腕から音が出た、という感覚が感じられました。
「楽器を鳴らすこと」は、ピアノのレッスンでもやってきていて、打鍵の仕方、鍵盤の使い方などで、それなりに鳴ってくれている時もあったと思います。
でも、そういうことではなく、体の状態による音の変化を知ることができました。
ピアノの先生がいう「力を抜く」とか「楽に」とかそういう言葉と結びついてくるものかもしれません。
改めて弾き方、音の出し方を研究しようと思います。
「がんばらないこと」わかった部分とまだわからない部分がありますが、「必要なこと」を上手に選択していけるように、考えていこうと思います。
4時間あっという間に過ぎました。
体そのものの緊張と精神的な緊張は、つながっていることも多いです。
まだはっきりとはしませんが、人前で演奏するときの緊張を和らげる、ヒントをいただいたような気がします。
ありがとうございました。

体験談2(ワークショップ)
*今内さん(神戸市から 女性)
やはり回を重ねることは新しい発見があり、楽しいものですね。
無理のない自然体で動作することが、こんなにも快適なこととはすっかり忘れておりました。
思い起こせば10歳頃までは、伸びやかに軽やかに動いていたように思います。
それ以来、何十年間の不自然な動きや考えによって、少しづつ>今<が形づくられて来たことを思いますと、60代半ばを過ぎて再び <自然な快適さ>を体験できることは、なんと有難いことでしょう!
そしてまた、今の私の体が素直に(?)その変化を受け入れる事ができると言う事も驚きです。
細井先生がご自分のカラーで色づけしないよう、私たち参加者ひとり1人に接していて下さる事を、適格な助言で感じます。
体が自然体になることは、心も自由に伸びやかになることと思います。
自分自身に向き合う楽しみや感動が増え感謝です。
また次回を楽しみにしています。

そのほかの体験談
  • HOME
  • 期待できることなど
  • スタジオについて(ATST)
  • レッスン
  • 教師養成講座
  • 生徒さんのコメント
  • よくある質問
  • 情報
  • What is the Alexander Technique?
  • Lesson/ Fumie Hosoi
ATSTからのお知らせ、生徒さんからのコメントなど

2017.10.23

細井瑛子(ヴァイオリン)& 古川まりこ(ピアノ)デュオリサイタル 
recitalチラシ2018「表現とアレクサンダー」で講師を務めた細井瑛子氏が、同じジュリアード出身の古川まりこさんと組

2017.8.23

立川講師の舞台!「アマデウス」
「表現とアレクサンダー」のWSで演劇講師をおつとめくださった立川三貴さんの舞台『アマデウス」です。 映画にもなった

2017.8.13

イランワークショップ 写真

2017.8.13

8月5日 お能 写真

2017.8.12

表現とアレクサンダー ワークショップ終了!
「表現とアレクサンダー」のワークショップ、無事終了し、イランも帰国の途につきました。1年がかりで準備したので、無事に終わ

2017.8.7

お能の世界!終了
5日 は表現とアレクサンダーの金井師による「お能の世界!」でした。 お弟子さんであり、実子である賢郎さんがアシスタン

2017.7.29

表現とアレクサンダー 講師紹介4弾! 細井 瑛子先生
身内なので、紹介しづらいものもありますが、できるだけ客観的に。 パフォーマンスとアレクサンダーを直接結びつけたいと

2017.7.28

夏学期終了!
今日は夏学期の最終日。暑い日が続いたせいか、この学期は大物先生(ピーター、イラン)の来日、合宿、と行

2017.7.27

イラン先生来日!
イラン先生来日! 月曜日に日本にいらっしゃり、昨日(水)にアレクサンダーテクニークスタジオ東京にいらしてく

2017.7.25

表現とアレクサンダー 講師紹介 棚橋和子先生
表現とアレクサンダーの講師紹介第三弾は、ボディマッピングの棚橋和子先生です。 和子先生は、ドイツでフルートの勉強を

記事一覧はこちら

アレクサンダーテクニークスタジオ東京は、東京都目黒区にあります。 楽器演奏やバレエ、ダンスなどあらゆるジャンルのパフォーマンスを引き出すことができます。 また、だるさ、疲れ、肩こり、腰痛など慢性的な悩みや痛み、ストレスや本番時の緊張に対しても、 アレクサンダーテクニークが問題を克服する手助けをすることができます。

アレクサンダーテクニークスタジオ東京|目黒区|教師資格|教師養成|姿勢|パフォーマンス|楽器演奏|発声

アレクサンダーテクニークスタジオ東京

メールにてレッスンの問合わせはこちら お電話は03-3718-6813まで

※ワークショップやその他のお知らせを定期的に受け取りたい方はメールにてご連絡下さい。

アクセス: 東急目黒線洗足駅(徒歩6分) / 東急大井町線 北千束駅(徒歩7分)、大岡山駅(徒歩10分) / 東急東横線 都立大学駅徒歩18分)

東京都目黒区 アレクサンダーテクニークスタジオ東京 Copyright © 2012 Alexander Technique Tokyo All Rights Reserved.