• HOME
  • 期待できることなど
  • スタジオについて
  • レッスン
  • 教師養成講座
  • 生徒さんのコメント
  • よくある質問
  • 情報
  • What is the Alexander Technique?
  • Lesson/ Fumie Hosoi

よくある質問

質問一覧

■ レッスンについて

■ アレクサンダーテクニークについて

質問と答え

レッスンについて

Q.レッスンは見学できますか?
申し訳ありませんが、現在通っていらっしゃる方がご自分の家族や友人に紹介したいなどの理由で、ご本人が誰かに見せることを希望される以外、お断りしております。
アレクサンダーテクニークはとても繊細で微妙な意識変化、「気づき」を扱うものなので、他の方がいることで、影響が出てしまいます。アレクサンダーテクニークは、ご自分が体験してはじめて理解できることがたくさんありますので、まずはお気軽に体験してみて下さい!

Q.どれくらいレッスンが必要ですか?
この質問にお答えするのはとても難しいです。
たとえばピアノを習ったり、水泳教室に行ったりする時はどうでしょう?楽譜が読めるようになって、右手でメロディがなぞれるようになればいいのか、ショパンやリストが弾けるようになりたいのかなど、目的やレッスン頻度、取り組み方など個人差が大きいです。アレクサンダーテクニークも同じです。行き先もその方法もご自分でお決めください。私はご自身が決めた行き先に到着するよう、お手伝いをします。

Q.私はヴァイオリニストですが、楽器を使ってレッスンをしますか?
どんな方も、まず基本は簡単な動きの中で自分が行っている不適切なやり方のパターンに目を向け、それをやめ、いいコーディネーションで動く状態を体験することからはじめます。
そのために、チェアワーク(椅子から立つー座る)テーブルワーク(横になった状態で自分のどこに不必要な緊張があるか知り、それをやめるため)を行います。
これはいわば、スケールやエチュードのようなものと考えて頂いて結構です。ヴァイオリンの演奏技術を習得するために、いきなりパガニーニから始めないのと同じです。正しい弓のもち方、楽器の構え方を学び、スケールなどで粒のそろった美しい音色を出すことを積み重ねて、はじめて難しい曲が弾けるのと同じです。
ひとたび、「いいコーディネーションで自分を使う(動く)」ということがわかれば、それはどのような動きにも応用が利きます。でも、楽器の演奏はこれまで熱心に取り組んでいればいただけ、自分のやり方に対して強い思い込みや、習慣がこびりついているので、必要に応じて、楽器を使ったレッスンも可能です。

レッスン」のページもご覧ください。

Q.プライベートレッスンとグループレッスンの違いを教えて下さい
アレクサンダーテクニークは自分自身のくせ、習慣、パターンに対する気づきを深めていくものですから、とても個人的なものです。またその変化は繊細で微妙なものですから、基本は1対1です。
一方グループレッスンは、他のひとを観察する利点があり、自分だけでは気付かなかったことがわかることもあります。また、他の方の経験や意見を聞いて理解を深めたり、新たな発見があるかもしれません。また、「他者」がいる状況でおきる自分のパターンを知ることもできるかもしれません。
そういった多くの利点はありますが、デメリットは大勢でやるために、一人一人に対しては効率も悪いです。下手をすると集団で共通の思い込みを共有し、何となくそのムードに流されてしまうこともあるかもしれません。
「習得」という点では、結局のところプライベートレッスン以上に効率的で深いレベルになるものはないでしょう。ピアノの技術を習得するのに、個人レッスンの方が適しているのと同じです。
アレクサンダーテクニークスタジオ東京では、1対1のプライベートレッスンに通っていらっしゃる方対象に、テーマを決めてグループ勉強会を開いています。

Q.慢性的腰痛に対する治療効果 British Medical Journalの内容を教えて下さい
イギリスの政府機関(NHS等)大学、一般医、STAT(アレクサンダーテクニーク教師協会)が連携して、慢性的な腰痛患者に対する治療効果に対する大々的な研究が行われ、2008年世界的に権威ある医学雑誌に発表されました。 その結果、経験あるSTAT教師による,1対1のアレクサンダーレッスン24回は、痛みの軽減、効果の持続性、予防効果の面で最も優れていました。(比較は針、マッサージ、一般的な治療)

Q.教師の資格、認証とは何ですか?
アレクサンダー教師になるためには、一般的には教師養成の学校を終了します。それとは別に学校の卒業証書だけでなく、教師としての専門性を客観的に第三者の立場から審査するのが国際認証機関です。現在STATとその提携協会、それにATIという2つの団体があります。2つの団体は少し考え方が違います。
STATは、学校にも基準が必要と考え、学校開設にも様々な基準を設け、許認可制をとっています。その後の運営にも基準を遵守しているかチェックし、協会の求める基準に厳格です。一人一人の学生に対してはトレーニング期間中と卒業時に審査を行い、それにパスするとSTAT認証が与えられます。

Q.ワークショップやその他のお知らせを定期的にください。
お知らせを定期配信しておりますので
下記アドレス中央にある「メルマガの登録」からATSTのメールマガジンにご登録ください。
http://melma.com/backnumber_196784/

アレクサンダーテクニークについて

Q.どんな人がレッスンをしていますか?
職業やジャンルを問いません。プロ、アマも関係ないです。必要とするすべての方です。
これまでに、音楽家、俳優、ダンサーといった芸術系の方、アスリートなどスポーツをされる方が、能力の向上や、本番で実力を発揮したい、という目的でいらっしゃいました。
腰痛、肩こり、頭痛、腱鞘炎といった慢性的な痛みや不快症状の方、側彎症、バネ指の方、どもるくせのある方もいらっしゃいます。
職業も学校の先生、お医者様、サラリーマン、主婦の方、学生の方などいろいろです。
セラピストやマッサージといった方がご自分の施術を改善する為にいらっしゃることもあります。
年齢も小学生から80代の方までいらっしゃいます。
これまで世界中でアレクサンダーテクニークのレッスンをどんな人が受けているかについては、
レッスンを受けた著名人」もご覧ください。

よくある質問をもっとみる
  • HOME
  • 期待できることなど
  • スタジオについて(ATST)
  • レッスン
  • 教師養成講座
  • 生徒さんのコメント
  • よくある質問
  • 情報
  • What is the Alexander Technique?
  • Lesson/ Fumie Hosoi
ATSTからのお知らせ、生徒さんからのコメントなど

2017.8.23

立川講師の舞台!「アマデウス」
「表現とアレクサンダー」のWSで演劇講師をおつとめくださった立川三貴さんの舞台『アマデウス」です。 映画にもなった

2017.8.13

イランワークショップ 写真

2017.8.13

8月5日 お能 写真

2017.8.12

表現とアレクサンダー ワークショップ終了!
「表現とアレクサンダー」のワークショップ、無事終了し、イランも帰国の途につきました。1年がかりで準備したので、無事に終わ

2017.8.7

お能の世界!終了
5日 は表現とアレクサンダーの金井師による「お能の世界!」でした。 お弟子さんであり、実子である賢郎さんがアシスタン

2017.7.29

表現とアレクサンダー 講師紹介4弾! 細井 瑛子先生
身内なので、紹介しづらいものもありますが、できるだけ客観的に。 パフォーマンスとアレクサンダーを直接結びつけたいと

2017.7.28

夏学期終了!
今日は夏学期の最終日。暑い日が続いたせいか、この学期は大物先生(ピーター、イラン)の来日、合宿、と行

2017.7.27

イラン先生来日!
イラン先生来日! 月曜日に日本にいらっしゃり、昨日(水)にアレクサンダーテクニークスタジオ東京にいらしてく

2017.7.25

表現とアレクサンダー 講師紹介 棚橋和子先生
表現とアレクサンダーの講師紹介第三弾は、ボディマッピングの棚橋和子先生です。 和子先生は、ドイツでフルートの勉強を

2017.7.17

表現とアレクサンダー 講師紹介 金井雄資さん
「表現とアレクサンダー」の講師の先生ご紹介第2弾! 能役者の金井雄資さんです。 金井さんは能役者のお家に生まれ、小さ

記事一覧はこちら

アレクサンダーテクニークスタジオ東京は、東京都目黒区にあります。 楽器演奏やバレエ、ダンスなどあらゆるジャンルのパフォーマンスを引き出すことができます。 また、だるさ、疲れ、肩こり、腰痛など慢性的な悩みや痛み、ストレスや本番時の緊張に対しても、 アレクサンダーテクニークが問題を克服する手助けをすることができます。

アレクサンダーテクニークスタジオ東京|目黒区|教師資格|教師養成|姿勢|パフォーマンス|楽器演奏|発声

アレクサンダーテクニークスタジオ東京

メールにてレッスンの問合わせはこちら お電話は03-3718-6813まで

※ワークショップやその他のお知らせを定期的に受け取りたい方はメールにてご連絡下さい。

アクセス: 東急目黒線洗足駅(徒歩6分) / 東急大井町線 北千束駅(徒歩7分)、大岡山駅(徒歩10分) / 東急東横線 都立大学駅徒歩18分)

東京都目黒区 アレクサンダーテクニークスタジオ東京 Copyright © 2012 Alexander Technique Tokyo All Rights Reserved.