• HOME
  • 期待できることなど
  • スタジオについて
  • レッスン
  • 教師養成講座
  • 生徒さんのコメント
  • よくある質問
  • 情報
  • What is the Alexander Technique?
  • Lesson/ Fumie Hosoi

期待できることなど

慢性的な痛みからの解放 自然で無理のない身体に

慢性的な痛みからの解放 自然で無理のない身体に

  • いつもだるい、疲れやすい。
  • 肩こり、腰痛など、慢性的な痛みがある。
  • 姿勢が悪い。
  • 動作がぎくしゃくしている。
  • 常にストレスを感じている。

こういった問題は、身体の不必要な緊張、不適切な使い方によって、身体機能の働きが悪くなった結果ひき起こされることが多いので、余計なことをやめることで根本的に原因を取り除きます。不適切な使い方が長い間続いたことで、いわゆる「悪い姿勢」として定着してしまうのです。

アレクサンダー・テクニークは、「教育」でありながら、怪我や病気の予防やリハビリ効果があることは、実証されています。
そのため、イギリスやオランダ、ドイツなどヨーロッパの国々では、医師が、痛み・不快感・慢性疾患などにレッスンが必要と判断した場合、治療ではないにもかかわらず、レッスン代が保険から支払われます。
私もイギリスでは何度も自分の生徒さんに、保険の申請のための書類を書きました。

慢性的な腰痛の治療に関しては、STAT(アレクサンダーテクニーク教師協会)と英国医学研究評議会、NHS(National Health Service)が大学や全国の保険医の協力で行った大規模な調査報告が、世界的に権威ある医学雑誌「British Medical Journal」に掲載され、注目を浴びました。これまでにも同様の調査や研究報告は幾度も出され、結果に対してはすでに広く知られていたのですが、2008年のこの報告は、579名の被験者で5年をかけ、かなり綿密な科学的調査が行われたことで、これまで知られていた結果に対して科学的根拠を提出したものといえます。 詳細はこちら

パフォーマンスの向上 ~よりよい表現のために

パフォーマンスの向上 ~よりよい表現のために

  • 楽器を演奏したり、踊るとき、余計なところに力が入る。
  • 歌うとき、話しをするとき、充分な呼吸ができない。
  • 本番になると、普段の能力が発揮できない。
  • 練習するとき、慢性的な痛みをかかえている。
  • 常にストレスを感じている。

アレクサンダー・テクニークは「人間のリアクション(反応)をコントロールするためのテクニック」「ステレオタイプの反応パターンを変えるための方法」です。自分自身を注意深く観察し、モニターする能力を身につけることで、習慣になっている不適切なパターンに陥るのを防ぎます。

この能力(自分自身を使いこなすテクニーク)は、とりわけパフォーミングアーティストにとって、不可欠なスキルであることから、1960年代半ば以降、欧米の主要な音楽院、ドラマスクールでは正規の授業に入れられています。現在イギリスでは、アレクサンダー・テクニークの講座があることが音楽家、俳優、ダンサーなどの芸術家養成機関が政府に認可される要件のひとつになっています。

習得することによる恩恵

バランス、呼吸機能の改善、自由でなめらかな動き、コントロール能力の向上、スタミナがつき、パフォーマンスが楽になる、声の響きがよくなる、スキルが上がり、自信もつく。

アレクサンダーテクニークを取り入れている学校、養成機関など

英国王立音楽院、王立ドラマスクール、ギルドホールロンドン大学などイギリスのすべての芸術家養成機関

ジュリアード音楽院、カーティス音楽院、ワシントン大学演劇科

ニューヨーク アクターズスタジオ

RSC(ロイヤルシェークスピアカンパニー)NT(ナショナルシアター)、グローブ座はカンパニーに専属のアレクサンダー教師がいて、俳優としてのキャリアにかかわらず、プロフェッショナルな俳優にレッスンを提供しています。 俳優は、他人の人生を造形するために他人の身体(の使い方もふくめ)を造形します。例えば極端な例を挙げれば、精神を病んだキャラクターを演じることによる精神的ストレス、身体障害を演じるための不自然な動きなど。そこまで極端なキャラクターではなくても、他人の人生を造形することは他人の身体、他人の精神を表現することなので、そこに自分自身との違和感や同化しすぎなどの葛藤が生まれます。それを具体的な方法で処理します。

日本:新国立劇場や劇団青年座の演劇研究所、相愛大学音楽部 東京芸術大学音楽科

からだの調和 こころの調和 無理のない生活 自然な動き

からだの調和 こころの調和 無理のない生活 自然な動き

  • 動作がぎくしゃくしている。
  • 人の前ではなぜか緊張してしまう。
  • あがったり、すぐに赤面してしまう。
  • いつも疲れてイライラしている。
  • 本番になると普段の能力が発揮できない。

私たちの生きている現代社会は、なんと多くのストレスや不必要な緊張を私たちに強いているのでしょう。時間に追われ、激しい競争にさらされ、又、洪水のような量の情報にひっきりなしに刺激されているため、横になったり、リラックスしていると考えている時でさえ、本当の意味で心も体も緊張をほどいていないことが多いのです。

心臓が高鳴ったり、冷や汗が出たり、呼吸が困難になったり、声がうわずったり・・・
これは例えば「心臓の働きをゆっくりにする」、といったことを直接働きかけることはできません。
冷や汗を出ないように汗腺に直接コントロールすることはで来ません。しかし、AT(アレクサンダーテクニーク)は人間の機能が全体的に協調的に働くよう、プライマリーコントロール(本来人間の持っている協調作用)がうまく働くようにして、そのような不必要な興奮状態を鎮めます。それが働くようにするために、レッスンで具体的な新しい感覚の体験を積み重ねるのです。「あがらないぞ〜」といくらメンタルトレーニングをしても、「あがらない状態」を知らなければ、「あがっている状態」であることを正しく認識しなければ、効果はありません。レッスンで、「あがっていない状態」「静かな状態」「プライマリーコントロールがうまく働いている状態」を体験し、そこに行くための道筋を繰り返すことによって、自分自身のものにするのです。

本来備わっているこころとからだの調和を再発見することで感覚が磨かれます。刺激に満ちた情報の洪水の中でも、受ける刺激に対して自分の反応をコントロールできることで、それに押し流されず、平静さを保つことができるでしょう。
均衡のとれた自然な自分自身の使い方は身体機能全般、健康全般の向上に役立ちます。
滑らかな動き、楽で優雅な動きはスポーツ、芸術からビジネスまで、あらゆる分野でのパフォーマンス能力やプレゼンテーション能力を向上させます。無理がないので、怪我の予防にもなります。

レッスンを受けた著名人
俳優

ジュリー・アンドリュース、ケネス・ブラナー、ウィリアム・ハート、ケヴィン・クライン、 マイケル・ケイン、ポール・ニューマン、ロビン・ウィリアムス、ジュディ・デンチ

音楽関係者

コリン・デイビス、ポール・マッカートニー、リンダ・マッカトニー、スティング

作家・思想家

ジョン・デューイ、アルダス・ハックスレイ、ジョージ・バーナード・ショウ

テクニークを使い独自のメソッドを考案した人たち

モシェ・フェルデンクライス、レイモンド・ダート教授


その他

幾人かの英王室のメンバー

学者/科学者

ニコラス・ティンバーゲン

*過去主要メディアに取り上げられたものの中から選びました。

  • HOME
  • 期待できることなど
  • スタジオについて(ATST)
  • レッスン
  • 教師養成講座
  • 生徒さんのコメント
  • よくある質問
  • 情報
  • What is the Alexander Technique?
  • Lesson/ Fumie Hosoi
ATSTからのお知らせ、生徒さんからのコメントなど

2019.4.30

2019年 春夏学期開講 マーク先生来日!
「平成最後の」という枕詞がかしましい昨今ですが、それに倣っていえば、「平成最後の新入生」を迎えて、新学期がスタートしまし

2019.4.9

2019年1月学期卒業式
先週の金曜日は、学校の卒業式でした。大学卒業後ほぼすぐの入学だったので、これまでの卒業生の中では最年少の先生の誕生、です

2019.3.17

夜間 表現クラス 3月14日 
今回は「動き」「身体の可能性」を考えてみました。 繊細な動きからはじめて大きな動きへ、方向付けをしながら行っていき

2019.3.16

2019年8月 表現とアレクサンダー チラシ掲載  更新!
早割の期限は6月20日までに申込み、振込完了です! 今年もかなっくホールさんと共催で「表現とアレクサンダーテクニー

2019.3.12

2019年8月 「表現とアレクサンダーテクニーク」申し込みフォーム
今年もかなっくホール共催で「表現とアレクサンダーテクニーク」のワークショップ申込書です。 詳細は以下のページ、ご覧

2019.3.2

夜間 2月27日 
今回は頭ー首ー背中のいい関係と、四肢の動きを考えました。 全身を使ったなめらかな、大きな、繊細な動きができれば。楽

2019.3.2

ドロシア先生 モデレーション
モデレーションのためにドロシア先生がいらしてくださいました。3日間みっちりと1人1人に付き合い、今後の課題などについて一

2019.2.18

2月14日 夜間クラス
ヴァレンタインでした。(だから何?ですけど) いつものように動きながらのダイレクション(方向づけ)をしてから、「息

2019.2.3

1月30日 夜間クラス
今回は空間の認識と動きについて考えてみたいと思いました。動きには様々な要素があります。 身体の可動性、空間認識、リ

2019.1.21

2019年 初回 夜間クラス
2019年も楽しく夜間クラスがスタートしました。 常連のみなさんに加え、初めての方も。しかし初めてとは思えない楽し

記事一覧はこちら

アレクサンダーテクニークスタジオ東京は、東京都目黒区にあります。 楽器演奏やバレエ、ダンスなどあらゆるジャンルのパフォーマンスを引き出すことができます。 また、だるさ、疲れ、肩こり、腰痛など慢性的な悩みや痛み、ストレスや本番時の緊張に対しても、 アレクサンダーテクニークが問題を克服する手助けをすることができます。

アレクサンダーテクニークスタジオ東京|目黒区|教師資格|教師養成|姿勢|パフォーマンス|楽器演奏|発声

アレクサンダーテクニークスタジオ東京

メールにてレッスンの問合わせはこちら お電話は03-3718-6813まで

※ワークショップやその他のお知らせを定期的に受け取りたい方はメールにてご連絡下さい。

アクセス: 東急目黒線洗足駅(徒歩6分) / 東急大井町線 北千束駅(徒歩7分)、大岡山駅(徒歩10分) / 東急東横線 都立大学駅徒歩18分)

東京都目黒区 アレクサンダーテクニークスタジオ東京 Copyright © 2012 Alexander Technique Tokyo All Rights Reserved.