• HOME
  • 期待できることなど
  • スタジオについて
  • レッスン
  • 教師養成講座
  • 生徒さんのコメント
  • よくある質問
  • 情報
  • What is the Alexander Technique?
  • Lesson/ Fumie Hosoi

より詳しい情報はこちらから

表現とアレクサンダー 講師紹介4弾! 細井 瑛子先生

 

身内なので、紹介しづらいものもありますが、できるだけ客観的に。

パフォーマンスとアレクサンダーを直接結びつけたいという今回の企画、パフォーマンスに関しては現場の方にそのままお渡ししアレクサンダーは自分で試してもらう、という形式ですが、その例外はこの講座。ヴァイオリニストの細井瑛子氏が音楽作りの部分を担当し、アレクサンダー教師の細井史江がその音楽作りの現場でよりよいパフォーマンスをするためのアレクサンダーをハンズオンを含むワークをする、というコラボです。

細井瑛子氏は10歳から渡英し、イギリス政府奨学金を得て王立音楽院のモーリス・ハッソン氏に学びました。その当時からアレクサンダーに親しみ、私の師のミーシャ・マギドフをはじめ数多くの先生方からレッスンを受ける環境でした。そういえば、ジュリアード音楽院での師、ジュリアードカルテットのローランド・コープス先生の前の奥方はアレクサンダーの先生だったそうで、なぜか彼女はアレクサンダーに縁が深い。小さい頃、ミーシャの学校に遊びに行ってすっかり気に入り、「私は明日からここの学校に来てアレクサンダーの先生になる」と言ったほど。ミーシャには「ぜひ入学しなさい。Aレベル(大学入学資格試験)が終わってから」といなされましたが。

現在はニューヨークを中心に演奏活動とともに、教育にもかなり力を注ぎ、Nasin Cultural Artsでヴァイオリンと室内楽のファカルティを務めています。小さいお子さんから大人まで、多彩な生徒さんを教えていますが、中でも、ニューヨーク州の支援を受けて毎夏行っているオーケストラプログラムと子供のための教育プログラム。必ずしも恵まれた環境の方ばかりではなく、問題をかかえたお子さんや、容易に非行に関係するような地域の方もあり、初めて生のクラッシック音楽を聴いたかたもいらっしゃいます。音楽を通じて「喜び」を感じて欲しい、というのが目的。学校では宿題をしたことがないばかりか、授業中もろくに聞いていたことのないお子さんたちが、なぜかヴァイオリンの練習だけはきちんとするようになったと、親御さんや学校の先生たちから驚かれるほど、子供達から絶大な人気を集めています。ご自身が幼い頃、あまりに生命力にあふれ、やんちゃぶりを発揮して先生方の手を焼かせた過去がなせるものでしょうか。

 

 

 

細井 史江

細井 史江
(STAT公認、STAT会員)
イギリスSTAT公認教師。アレクサンダーテクニークスタジオ東京主宰。東京芸術大学特別講座、サントリーホール室内楽アカデミー、ならミュージックアカデミー、栗友会、「俳優トレーニングの科学的アプローチを探る」(文化庁、セゾン財団助成)、毎日文化センター、学習院女子大学特別講座、目黒区健康フェスティバル等。

アレクサンダーテクニークスタジオ東京は、東京都目黒区にあります。 楽器演奏やバレエ、ダンスなどあらゆるジャンルのパフォーマンスを引き出すことができます。 また、だるさ、疲れ、肩こり、腰痛など慢性的な悩みや痛み、ストレスや本番時の緊張に対しても、 アレクサンダーテクニークが問題を克服する手助けをすることができます。

アレクサンダーテクニークスタジオ東京|目黒区|教師資格|教師養成|姿勢|パフォーマンス|楽器演奏|発声

アレクサンダーテクニークスタジオ東京

メールにてレッスンの問合わせはこちら お電話は03-3718-6813まで

※ワークショップやその他のお知らせを定期的に受け取りたい方はメールにてご連絡下さい。

アクセス: 東急目黒線洗足駅(徒歩6分) / 東急大井町線 北千束駅(徒歩7分)、大岡山駅(徒歩10分) / 東急東横線 都立大学駅徒歩18分)

東京都目黒区 アレクサンダーテクニークスタジオ東京 Copyright © 2012 Alexander Technique Tokyo All Rights Reserved.