• HOME
  • 期待できることなど
  • スタジオについて
  • レッスン
  • 教師養成講座
  • 生徒さんのコメント
  • よくある質問
  • 情報
  • What is the Alexander Technique?
  • Lesson/ Fumie Hosoi

より詳しい情報はこちらから

イラン・レイシェルのアレクサンダーワークショップと表現活動のワークショップ

 

 

 

アレクサンダーちらし2017-0416アレクサンダーちらし2017-2

 

ws_chirashi201702

 

 

 

 

 

 

 

 

ラシ記載の曜日訂正

チラシの曜日記載に一部誤りがありました。8月7日は(月)で、(日)ではありません。申し訳ありませんでした。正しくは8月7日(月)までです。正しいものに差し替えました。

 

8月に、カナックホールさんの共催を得て、元RADAの名伯楽、日本でも名高いイラン・レイシェル先生が来日し、ワークショップをします。

今回すごいのは、イラン先生だけでなく、実際の表現活動のワークショップと同時に行うことで、アレクサンダーテクニークが表現の実際にどう関連付けられるかわかること。

新劇、伝統芸能(能)、音楽にも一流の先生方をお招きしました。また、ボディ・マッピングも学べるという、アレクサンダーテクニーク総決算みたいなものです。

題して「表現とアレクサンダーテクニーク 〜自由な表現活動のために〜」

まだ、固まっていない部分もあり、開催時間など変更も考えられますが、大枠は以下の通りです。

早めにご予約いただけると、割引もあります。

私自身が、一番ワクワクしていて、夜間のワークショップは自分が参加することがすごく楽しみです。是非お出かけくださいませ。

 

参加申し込みは以下のページをご覧ください。http://www.alexander-tokyo.com/blog/info-all/239/

表現とアレクサンダーテクニーク 〜自由な表現活動のために〜

元RADA名物教師 イラン・レイシェルのアレクサンダーワークショップと表現活動
数多くの名優を育て、演劇界で国際的に著名なアレクサンダー教師、イラン・レイシェル氏による、1週間のパフォーマンスのためのアレクサンダーワークショップと、同時に新劇(立川三貴氏)、伝統芸能(能楽師金井雄資氏)、楽器演奏(ヴァイオニスト細井瑛子氏)のWSを行い、アレクサンダーテクニークと実際のパフォーマンスを結びつけるのが、ねらいです。それぞれ単独の独立したワークショップとしても、十分、楽しんでいただけます。プロ、アマ、問いません。

 

期間  8月1日(火)〜7日(月)

イラン・レイシェル①② 13:00〜17:00   パフォーマンス ③~⑧ 18:30〜21:30

会場  カナックホール 〒221-0044 横浜市神奈川区東神奈川1-10-1 TEL:045-440-1211 

対象  興味のある方すべて プロ、アマ、パフォーマーに限らず、アレクサンダー教師、

    指導者などトレーナーの方も

共催 アレクサンダーテクニークスタジオ東京  横浜市神奈川区民文化センターかなっくホール指定管理者

連絡先 アレクサンダーテクニークスタジオ東京 info@alexander-tokyo.com 細井史江

   ☎03−3718−6813

イラン・レイシェル「表現のためのアレクサンダーテクニーク」 7日間 80,000円(早割70,000円)

各15名

目的:古いやり方を越え、自分の奥底にある創造的な生命の源に触れる新しいやり方を与えること。

 

①8/1〜4  「感覚の窓を開きましょう」

ATの原理を明晰で実践的なワークで解明し、習慣や、ある種の行動や考え、感覚がもたらすストレスに制約されず、心と体が最良に機能するための考えを根付かせます。

l   自己観察力を鋭くさせる

l   待つこと、聞こえること

l   特定の方向にエネルギーを方向づける

l   気づきの範囲を広げる  参加費:56,000円(早割48,000円)

②8/5〜7「パフォーマンス能力を向上させる」

感覚と連動している、自分の隠された無限の表現能力を見つけ、開発する想像力のゲームとアクティヴィティを含む。

l   内的反応を活性化させる

l   参加者の表現の語彙を広げ豊かにする

l   自己の能力の限界を拡げ可能性を伸ばす

参加費:42,000円(早割 38,000円)

  • 早割:5/31 までに申し込み手続き完了 また、本講座受講生は夜間の講座を全て2000円引き
  • 基本1週間、もしくは①②のブロック参加ですが、状況次第で単独日のご参加も可能。ご相談ください。
アレクサンダーテクニークは、音楽、演劇、ダンスなどのパフォーミングアーティストにとって、身体的、精神的なストレスに対処することで、心身の自由で健全な表現活動をサポートし、創造的な成長と変容を促すメソッドとして、欧米の主要な芸術家養成機関では正規科目の一つになっています。イギリスでは、ナショナル・シアターやロイヤル・シェイクスピア・カンパニーなどに専属のアレクサンダー教師がおり、実際の創造の現場で演技のサポートをするなど、教育(レッスン)と実際のパフォーマンスの現場とが緊密な連携もあります。

 

イラン・レイシェル(アレクサンダー、ムーヴメント教師 演出家)

RADA、ロンドン大学セントラルスクール・オブ・スピーチ・アンド・ドラマ、LISPAの講師を務める。アレクサンダーテクニークをパトリック・マクドナルドに、フェルデンクライスを彼自身より学ぶ。動きを通して心身の気づきをうながす手法は、パフォーミングアーティストの能力の開発、育成に定評がある。ピーター・ブルックの招聘によるナショナル・シアターでの演出家向け講座など、演劇現場での活動も多数。ヤング・ヴィックでムーヴメントを担当したキャサリン・ハンター主演の「カフカの猿」はその精緻な猿の表現で絶賛され、東京、ニューヨークをはじめ世界ツアーへ。サラ・ケイン作品、オペラ等、演出も数多く手がける。

 

③8月1日(火)18:30〜21:30  棚橋 和子  

     『ボディ・マッピング〜心地良く身体を動かせるために〜』 15名 8000円

ボディ・マップとは、人が自分の頭の中で、自分の身体をどう描いているかということです。そのマップ(地図)が正確であれば、うまく動くことができるはずですが、もしそのマップが不正確、不適切である場合、効率よく動けない、不快である、更には怪我や故障をすることもあります。自分のボディ・マップを意識的に見ていくことで、普段は意識していない「自分の身体はこうなっている」という思い込みに気づき、自由で効率の良い、心地良い身体の使い方を探求します

(棚橋 和子)相愛大学音楽学部フルート専攻卒業、ドイツ国立ブレーメン芸術大学卒業。フライブルク(独)で、2003年、ATVD 公認アレクサンダー・テクニ-ク教師資格。2005年、バーバラ・コナブルより「音楽家のためのボディ・マッピング」の指導者 アンドーヴァー・エデュケーターに認証される。2013年よりSTAT公認の教師養成学校アレクサンダーテクニーク・スタジオ東京にて、アシスタント講師。

 

④8月2日(水)  18:30〜21:30  細井 史江 

       Alexander Technique, as I see it 『ATって何?私の考え』 3000円

ATって何?アレクサンダーの直弟子であり、AT教育の基礎を築いたとされるパトリック・マクドナルドの本のタイトルです。ATは守備範囲が広いため、かえって本質が分かりにくいかもしれません。原理、本質について、本著を翻訳出版し、自身の経験から理解したマクドナルドの考えに沿って解説し、質問にお答えします。

(細井史江)2013年、STAT(英国)よりアジアで唯一のSTAT公認アレクサンダーテクニーク教師養成校として、「アレクサンダーテクニークスタジオ東京」の校長に認定される。Hite社から出版されたConnected Perspectivesにおいて、アレクサンダーテクニークの本質を日本の伝統芸能の修行を通して考察した小論は、高い評価を受けている。

 

⑤8月3日(木) ⑥8月6日(日) 18:30〜21:30  立川 三貴

       play is play 「遊び心が芝居、芝居は遊び」 15名 各8,000円

芝居の本質は遊び心です。自由に遊ぶためには、やわらかな心、しなやかな身体が必要です。実力派俳優としての名声に、近年は「哀れ彼女は娼婦」「壊れたガラス」など、混沌とした現代に生きることの意味を問う秀作により、演出家としても高い評価を得ている立川氏が、芝居づくりの現場の課題をひもときます。身体と意識、自分の声、セリフのことばと内的なことば…プロの方、プロを目指す方、全くの素人の方、どなたでも歓迎です。一緒に「自由な遊び」を楽しみましょう。基本的に3日、6日の2日間通してのプログラムです。1日のみの参加も可能です。

(立川 三貴) 演劇集団円の設立に参加し、中心的俳優。新国立劇場や「スウィニー・トッド」「紙屋町さくらホテル」など、数多くの外部の舞台出演のほか、映画「その後の仁義なき戦い」、ドラマ「あにき」「影の軍団」、また、映画「スパイダーマン」をはじめ、アニメや多数の海外ドラマの吹き替えなど、幅広い分野で活躍。演出は、本年1月にカミュ作「誤解」、2018年にも予定。

 

⑥8月4日(金)  18:30〜21:30  細井 瑛子/ 細井 史江 

     『Barberのアダージョ、一緒に弾いてみない?』 8,000円

様々な映像で使われる哀愁をおびた美しいメロディーは、オーケストラ、弦楽、吹奏楽や合唱でも演奏され、よく知られた名曲です。弦楽器、管楽器などの楽器、又は声(歌)をお持ちください。各楽器にあったパート譜をお渡しします。アレクサンダーテクニークを使って、合奏がより楽しく、より美しく歌いませんか?

音楽コーディネーター :細井瑛子          アレクサンダーテクニーク指導 細井史江

(細井瑛子) NY在住ヴァイオリニスト。サリヴァンオーケストラコンサートミストレス。10歳で渡英し、英国政府奨学金を得て、王立音楽院モーリス・ハッソン氏に師事。17歳で渡米し、クリーヴランド音楽院学士、ジュリアード音楽院修士課程卒業。澤和樹氏、ローランド・コープス氏に師事。NYで演奏活動のほか、Nesin Cultural Artsでヴァイオリンと室内楽のファカルティを務めるなど、教育プログラムにも力を入れている。

 

8月5日(土) 18:30〜21:30    金井 雄資  

        『お能の世界!ふれてみたい!』    15名 8,000円

お能って何?どんなことするの?日本文化の核ともいえるお能ですが、知らないことがたくさん。能の動きは繊細でありながらダイナミック。現世と幽界、表(面:おもて)と裏(肉体)、精神と身体、一見、相反する概念に思えますが、そこに橋をかけるのが能楽師です。その洗練された動きを、金井氏に実際に指導していただきます。装束や能面など、普段は客席からしか見られないものに触れることができます。

(金井 雄資)宝生流シテ方。重要無形文化財保持者。紫雲会、紫影会、かたばみ会を主宰し、精力的に舞台を行いながら、能楽協会理事として、日本の文化として更に定着をはかるべく、オリンピックに向け企画や活動にも従事。昨年NHKで放映された大曲「隅田川」での大役は、さらに幽玄を深めたと絶賛される。

細井 史江

細井 史江
(STAT公認、STAT会員)
イギリスSTAT公認教師。アレクサンダーテクニークスタジオ東京主宰。東京芸術大学特別講座、サントリーホール室内楽アカデミー、ならミュージックアカデミー、栗友会、「俳優トレーニングの科学的アプローチを探る」(文化庁、セゾン財団助成)、毎日文化センター、学習院女子大学特別講座、目黒区健康フェスティバル等。

アレクサンダーテクニークスタジオ東京は、東京都目黒区にあります。 楽器演奏やバレエ、ダンスなどあらゆるジャンルのパフォーマンスを引き出すことができます。 また、だるさ、疲れ、肩こり、腰痛など慢性的な悩みや痛み、ストレスや本番時の緊張に対しても、 アレクサンダーテクニークが問題を克服する手助けをすることができます。

アレクサンダーテクニークスタジオ東京|目黒区|教師資格|教師養成|姿勢|パフォーマンス|楽器演奏|発声

アレクサンダーテクニークスタジオ東京

メールにてレッスンの問合わせはこちら お電話は03-3718-6813まで

※ワークショップやその他のお知らせを定期的に受け取りたい方はメールにてご連絡下さい。

アクセス: 東急目黒線洗足駅(徒歩6分) / 東急大井町線 北千束駅(徒歩7分)、大岡山駅(徒歩10分) / 東急東横線 都立大学駅徒歩18分)

東京都目黒区 アレクサンダーテクニークスタジオ東京 Copyright © 2012 Alexander Technique Tokyo All Rights Reserved.